Webライティング

    自分の想いが規制されるならSEO対策なんてしなくてよい。

    昔ほどではないにしろ、やっぱり傾向としては

    「SEO対策が大事!」
    「ブログを書くならSEO対策しないと意味ない。」

    なんて言われることが多いですよね。

     

    これはなぜそう言われるかというと、

    「Googleなどの検索エンジンからお客さんを呼び込みたいなら、SEO対策をしないと意味がない。」

    からです。

     

    なので、Googleなどの検索エンジンで上位表示することを目的とするのであれば、確かにSEO対策は必須です。

    だた少し待ってください。

    Googleなどの検索エンジンからお客さんを呼び込むことってそんなに大切なことでしょうか?

     

    ■SEOを意識すると想いが薄れやすい

    なぜ私はそんな問いかけをするのかというと、SEOを意識すると自分の伝えたい想いが薄れやすいからです。

    これもSEOをどれだけ意識するかにもよりますが、例えば

    • タイトルはキーワードを入れる
    • 見やすいように見出しを入れる
    • 書きたくないが文章量を出すために必要のない情報を書き込む

    といったことをしていくと、そういったことに意識が持っていかれやすいので、どうしても文章の中身が薄れやすくなってきます。

    つまり相手に自分の想いが伝わりにくい文章が出来てしまうのです。

     

    私は本当に色んな文章を読んできている方だと思うが、今読まれる文章というのはその人の想い・躍動感がある文章ですとハッキリ言えます。

    役立つのかどうかではありません。

    その人の想いが自分の中にぐっとくる、そんな文章です

     

    ■SEO以外の方法も考えてみるべし

    なので私はSEO以外の方法を考えてみることも大切だと考えています。

    SEO以外の方法は本当に色々あるので、少し例を挙げてみましょう。

    (ここからはブログを使ったPR方法を書いていきます。)

     

    ブログ記事を知り合った人に見てもらうために書く

    ブログ記事に対してSEO対策をせずに、新規・既存で出会ったお客さんのために書くというのは一番おすすめの方法です。

    仕事をしているとどうしても、新規顧客を獲得せねば、となるが実は大切なのは目の前の人を大切にすることです。

    なので、今自分の仕事のお客さんに役立つであろう情報を発信するのです。

     

    もちろんこれは役立つ情報以外でもOKだ。

    ただし、

    • 今日●●を食べたよ
    • こんなことをしましたよ~

    というそういったことではなく、必ず中身ある文章にしましょう。

     

    例えば今日食べたお店で店員さんにこんな接客をされて、今後真似してみようと思った、みなさんもぜひ気にしてみましょう、などなど、その体験がどう活かせるであろうか考えるのです。

    そのとき、出来れば自分の心が少しでも動いたことを書いてみましょう。

    そうすると自ずと自分の想いが伝わる、そんな文章を書くことが出来ます。

     

    他SNSと連携する

    今やSNSが主流です。

    そのためFacebookやInstagramなどを使うのはとてもおすすめの方法です。

    FacebookやInstagramなどは難しそうに感じるが、そう難しいことではありません。

    このあたりはより詳しい専門家が検索すると出てくるので、ぜひそちらを参照していただければ幸いです。

     

    ■まとめ

    いまだにSEOに縛られてとにかく「役立つコンテンツ」を書きまくっている人が多いのが現状です。

    確かにその情報は役に立つのかもしれません。

    でもそのとき役立つだけで、その後読みたいと思われるかどうかは別なのです

    そこを是非一度考え直してみて欲しいものです。

    YouTubeの無料メール講座プレゼントしています

    現在メールマガジンを配信しております。

    このメールマガジンに登録していただいた方限定で、無料メール講座「失敗しないYouTubeチャンネルの始め方」をプレゼントしております。

    これからYouTubeをビジネスに活かしていきたい、登録者数の増やし方を知りたい!という方は、ぜひご購読ください。

    またメルマガではYouTubeの他にも、ブログなどの情報発信のやり方や、最新情報についてもお伝えしております。

    メール講座への登録はコチラ

    こちらの記事もおすすめ!