ビジネスYouTube

    Vol.5 面白いことはしなくていい。職業イメージを大事するYouTube発信を始めよう。

    お知らせ
    1万人達成ノウハウを紹介しているYouTubeちゃんねるをはじめました。ご登録お願いいたします!

    どうしてもYouTubeを見ていると、エンタメ系(メイクや面白い動画を上げる)動画が目立つので、

    「自分も面白いことをしなくてはいけないのか?」

    と思いがちです。

    ですが職業イメージもある個人事業主の方はそんなことをしなくていいです。

     

    一例をご紹介します。

    以前私がYouTubeのやり方を教えていた方に、かなり職業イメージを大事しなければいけない方がいました。

    その方は動画を初めてみたいけれど、

    「同業者にYouTubeなんてやってると思われたらどうしよう。」
    「動画で面白いことしなくちゃいけないのかしら。」

    そんな風に思っていました。

     

    でも私がそういったことをする必要はないし、職業イメージを大事にしながら動画を発信することは十分可能ですよ、とお伝えしました。

    するとYouTubeの発信を始めることができ、チャンネルを登録してくれる人も少しずつ増えました。

     

    YouTubeはサービスの性質上、エンタメ要素の強い動画が多いです。

    なので無意識に面白いことをして惹きつけなければならない、と思う人は多いようです。

    ですが、ポイントを抑えて楽しく撮影する、それができれば面白いことをする必要はありません。

    いとう めぐみ
    いとう めぐみ
    というか撮影に慣れてくると、自然とキャラを活かして面白い演出をするようになります(ウケを狙ってするのではなく、自然体で出てくる感じです。またユーザーが勝手に面白いと思ってくれたりします。)

    また毎日頑張ってYouTube動画を上げる必要もないですし、編集もそんなに凝る必要はありません。

    いとう めぐみ
    いとう めぐみ

    動画編集も苦労している方が多いようですが、必要最低限に留めた方がいいです。それに気づかず編集に時間をかける方が多いですが、線引きをしましょう。

    そんなわけで今回は動画を始めるからといって職業イメージは崩れませんよ、というお話でした。

    こちらの記事もおすすめ!