ビジネスYouTube

    Vol.18  YouTubeは新規参入者に優しくない?YouTubeの理想とする世界

    最近こんな自粛モードなので、最近はよくYouTubeの個別相談を受けています。

    個別相談メニューについてはこちら

     

    で、最近、

    「YouTubeやるの、今からでも遅くないですか?」

    って聞かれんですが、全然遅くないです。

     

    ただ即収入に繋げられるものではないんです。なのでそれなら確実にZoomなどを使ってオンラインで受けられる講座を構築したほうが早いです。

    でもそれでも「それを承知でやりたい!」「動画に未来を感じる」「エネルギー余っているんだー!」と言うやる気みなぎっている方は是非!

    そして個人的にはネット上にコンテンツ作っておくのは、やっぱりいいなと思ってます。今の自分は次の未来のことに着手できますからね。

     

    ですがそうはいっても人によってはYouTubeは新規参入者に優しくないと思っている人もいると思います。

    でも私はむしろYouTubeは新規参入者に優しいと思っています。

     

    それはYouTubeでアクセスの流入元になっている、関連動画・ブラウジングから分かるんですよね。

    この機能、なんでこういう風にしたんだろうと分析したとき思ったのですが、むしろYouTube側は新規参入者を歓迎しているからこそ、こういう機能にしたのではないかな。

     

    そしてYouTubeはそうやって新陳代謝して、新しいコンテンツをいろんな人の協力によって生み出し続ける。常に新しい世界を作る。それがYouTubeの理想とする世界なのではないかなと思います。

    こちらの記事もおすすめ!