2拠点生活

    自然に感謝の気持ちを抱けない、そんな自分に変化をもたらす方法

    私は今まで、

    「自然と周りの人に、この環境に感謝できない」

    と思って、他人と比較して、自然と感謝できない自分を責めていました

    今思えば、これも勝手な思い込みで、他の人が本当に感謝していたかどうかなんて、分からないのにね。

    でも最近、ほんっとうに自然に感謝の気持ちが芽生えるようになりました

    これは本当に驚きで、でも誰にでもできることだと感じています。

    なので、私と同じように感謝の気持ちを抱けない、という方に向けて、以下の文章を送ります。

     

    無理矢理に感謝の気持ちを持たなくていい

    まず感謝の気持ちを持てないからといって、無理矢理感謝の気持ちを持つ必要はありません。

    むしろそんなに頑張っても辛いだけです。

    なので感謝できない自分をそのまま否定せず、受け入れてください。

    この受け入れる作業はとても辛いものですが、

    「ああ、そっか、今私はそれができる時期じゃないんだ。」

    と思えば少しは気が楽になります。

     

    地球と繋がると自然と感謝できるようになる

    私が感謝の気持ちを感じられるようになったのは、地球に繋がったからです。

    地球と繋がると、全体性を感じられるようになるので、他人事が自分ごとになってきます。

     

    例えば今まで全然興味の持たなかった政治が気になったり、環境問題に興味を持つようになったり。

    全体として自分を見ることが当たり前になってきます。

    この状態になると、自分が一人で生きているわけではなく、生かされている存在であり、お互いに支え合って生きていることに気づけます。

    すると、自然と感謝の気持ちを持つことができます。

     

    地球と繋がる方法:グラウディングする

    で、その地球に繋がる方法ですが、地球と繋がるにはグラウディングがおすすめです。

    「グラウディング」と検索すると様々な方法が出て来るので、自分にあったものをチョイスすると良いでしょう。

    私はリラックスして椅子に座り、足の裏から木の根っこが地球の核に届き、地球の核と繋がっているイメージを持って自己ヒーリングします。

    数呼吸で光のエネルギーを体内に取り込み、吐く呼吸で不要なものを体外へ排出するようにイメージするのです。

    これはとても気持ちがよく、根気よく続けていると、本当に体がスッキリします。

    そして何ヶ月が続けていると、スッキリするだけでなく、いつでも地球との繋がりを感じ、それによって全体性というものを垣間見ることができます。

    全体性を感じられるようになるのは、グラウンディングしているだけでなく、仕事をしている最中、家事をしている最中、いつでもです。

    なのでどんどん自分の日常が変わっていきます。

     

    頭で感謝しようとしても、感謝の気持ちは抱けません。

    私は今まで頭で理解して、感謝の気持ちを持とうとしていました。

    でもそもそも感謝の気持ちというのは、頭で理解して頭で感謝するものではありません。

    ハートです。

    「ハートで感じるだとぅ?」

    と思うかもしれません。

    でもそういう風に思う人こそ、グラウンディングは試して欲しいです。

    地球と繋がることは、ハートで感じとる鍵となります。

    なので、今までの私のように頭ばっかり使って、なんとか理屈で理解しようと頑張ってきた人は、ぜひ地球と繋がってみてください。

    1日1回、できれば朝にやっていただくと、その日1日がいつもと違うのを感じられるはずです。

    こちらの記事もおすすめ!