ビジネスYouTube

    YouTubeの質問:差別化したい。でも結局同じ感じになってしまう

    「YouTubeでどうしたら差別化したい。でも結局他の人と同じようなことをしています。どうしたらいいですか?」

    このような質問をいただいたので、回答してみますね。

    意識して差別化する必要はない

    結論からいうと意識して差別化する必要はありません。

    ・・・と偉そうに言っていますが、私も他のYouTuberさんを見て焦ることがあります。

    自分は数ある動画の中で見られる動画になっているのか、つまらないと思われていないか、と言ったことです。

     

    ですが、基本的にビジネスYouTuberの方は差別化のために際立ったことをやる必要はないと思っています。

    それよりも、その動画を見ることによって

    • 誰に
    • どんな動画を
    • 見ることによって視聴者はどんな風になれるのか

    ということがより明確になっている動画を制作する方が大切だと思っています。

    つまりコンセプトの部分ですね。

     

    ただコンセプトと言っても堅苦しく考える必要はありません。

    例えば私の場合ピラティスちゃんねるの時、ピラティスの動画を配信している際は、ピラティス教室に通っている人がこの動画を見ることによって、基本的な技の疑問を解消することができる、とかそういう風に考えていました。

    なんとなく配信していると、どんなコンセプトなのか、どんな意図なのか、というのを忘れがちですが、そういった自分の意思・思いを持っておくと、自分の気持ちも変わるので、相手に伝わる動画になります。

    動画に慣れてくるとそのうち色んなアイディアが湧いてきます。

    また差別化する必要はありませんが、結果的に差別化となる時があります。

    それはYouTubeの配信に慣れてきた時です。

    動画を始めた時というのは、何も余裕がなくて、動画で話す自分が嫌になる時期。

    ですが、慣れてくると、そのうち自分らしい動画が撮れるようになります。

     

    こんな動画撮ったら面白いかな、とか、視聴者さんとの交流を促す動画とか、そう言った動画をやろうと思える余裕が出てくるので、そこで自分らしさが出て、結果的に差別化になります。

    この自分らしいアイディアは、慣れてくると自然とそう言ったものが湧いてきます。だから最初のうちは無理して素敵なアイディアを出そうとする必要はありません。

     

    特に動画を始めたての人は、いきなりすごいコンセプトを出そうとしないでいいです。

    もちろんすごいコンセプトが浮かぶ人はそれで良いですが、ないからと言って動画やらないという選択はとてももったいないです。

     

    私も全く動画経験がないところから始めたので分かるのですが、動画を始めた当初というのは、本当に余裕がないと思います。

    他の人を見ると、すごく上手に配信している人がいたりして自分なんか・・・と思ったり。

    なのでまだ初期段階の人は、今自分はその段階じゃないんだ、と思ってまずは

    • 誰に
    • どんな動画を
    • そして見た人はその動画を見てどんな風になれるのか

    これを明確にして動画をとることを心がけてみてください。

    焦らずにいきましょう。

    ビジネスYouTuber向けの情報をお届けします

    「登録者数を増やしたい」「問い合わせを増やしたい」と思っている方向けにYouTube運営ノウハウをお伝えするYouTubeチャンネルを運営しています。

    • これから動画を始めたい
    • 本格的な機材は(極力)使わない
    • 撮影・編集に時間をかけずにやる

    といったコンセプトで、動画初心者でもやれる方法を分かりやすく解説しています。

    最新の使えるテクニック・道具の話もここでしています。YouTubeチャンネルはこちらからどうぞ。

    YouTubeチャンネル

    こちらの記事もおすすめ!