2拠点生活

    環境問題を極端に考え過ぎてしまう方へ|ごみを減らす選択となくす選択

    ごみ問題を考えるときに、極端に

    「ごみをなくす」

    と考えると、行き詰まります。

     

    ごみ問題を考えるときは、

    • 減らす
    • なくす

    というそれぞれの選択があることを知ると、地球のために出来ることが増えます。

     

    例えば私の場合、プラ製品のごみを、生活の中でなくすことはできませんでした。

    そのとき、私は無意識にこんな風に思っていることに気が付きました。

    「どうしてプラごみを出してしまうんだろう、プラ製品なんてなければいいのに。」

    プラ製品はプラ製品でとても便利なもので、それの恩恵を受けているのにも関わらず、とにかくごみが出ることを悪いことと考えて、なくすことができない自分を追い詰めていました。

     

    ですが、私はここでプラごみを「なくす」のではなく「減らす」と考えてみることにしました。

    そして減らすことは出来ることに気が付きました。

     

    そして気が付いたので、実際に減らす意識を持つようにしました。

    ちょっとしたポリ袋の利用も、使いまわしたりして減らす意識を持ち続けたのです。

    すると、前よりちょっと不便だけど、地球が喜んでいるのを感じられました。

    そして少しずつ満足感を覚えるようになりました。

     

    ごみ問題は長期的に考える必要があります。

    なのでもし私のように極端に考えてしまっている方がいたら、極端に0か100かを考えるのではなく、50のラインを考えてみたり、人によっては30のラインを考えてみてください。

    人によって出来ることは異なります。

    そうすると、自分が出来る範囲で、何かしら地球のために出来ることが分かってくるはずです。

    こちらの記事もおすすめ!