私が環境のことを発信する理由

    最近プラスチック製品が何かと話題になっています。

    スーパーやコンビニなどで配られるポリ袋を有料化することが決まったし、スタバやマクドナルドでプラ製のストローの提供を検討し、段階的に廃止する動きが出てきています。

    私はそれを知ったのは、海の生き物たちとお話が出来る人がFacebookでその話題を投稿していたからです。

    「海の生き物たちが助けて!と言っています。」

    と投稿していて、なぜかその投稿に心を揺さぶられました。

     

    海からのSOSで、プラスチック製品を気にする毎日

    その日から私の中で、プラスチック製品が「悪」になりました。

    なるべくプラスチック製品を使わないこと、使うのであればしっかりとリサイクルすること(実際リサイクルにかなりの限界があるのは後々分かったこと)、なるべく環境に優しくしたいと思っていろんなことをしました。

     

    でもプラスチックを完全になくすことは不可能で、私の中にとても大きな罪悪感を抱えました。

    そしてプラスチック以外にも、可燃ごみなどを捨てるときも、罪の意識がハンパなくて、どうしようもない無力感を感じました。

    今思えばとても極端な考え方をしていたな、と思うのですが、好きなことはトコトンやってしまう私にとっては、それが自分の世界のすべてでした。

     

    エコは1人で100のことをやるより、20人で10のことをやったほうがいい

    でもそのときに、とある友人の一言がありました。

    「環境問題は1人の人が完ぺきにこなすよりも、20人が10のエコなことをする方がいいんだよ。エコな活動は、そうやって考えていけばいいんだよ。」

    と言われたのです。

    そのとき私にずっしりと乗った重荷が外れたのを感じました。

    私が勝手に重荷を乗せただけなんですけどね(笑)

    そんなわけで、私は今までのスキルを活かし、このラクしてエコの活動を発信することにしました。

     

    エコ活動はスピリチュアルな活動ともリンクしています

    私はこのブログでスピリチュアルな発信もしています。

    そしてエコとスピリチュアル相互関係があると、とても強く思います。

    なぜなら自分の本質、内面をクリアにしなければ、エゴイストな発信をすることになるからです。

    人に強いてするエコ活動、誰かを批判するようなエコ活動。

    そのような発言は、クリアでなければ、言葉の端々に現れます。

    でもそのような発信は私の求めているものではありません。

    いつも軽やかに、楽しくみんなが気軽に取り組めるような、そんなエコ活動を発信したいのです。

     

    わたしと地球はいっしょであることに気づくとエコは一気にラクになる

    スピリチュアルというツールを通じて、自分をクリアにしていくと、だんだんエコ活動は楽になってきます。

    ついでに言うと、自分がとてもクリアになるので、毎日の私生活も楽になります。

     

    どういうことかというと、実は自分と他者との間に隔たりがないことが分かってくるからです。

    もしかしたらこれを聞いても

    「はてな?」

    と思う人がいるかと思います。

    でもちょっと聞いてください。

     

    この隔たりを感じなくなると、環境問題を自分ごとのように感じられるようになります。

    なぜなら自分ごとして捉えられるようになると、地球(=自分)を傷つけるのは嫌だからです。

    だからそういった境地になると、エコなことをするのはとても当たり前のことで、エコなことをしているという特別な意識はあまりありません。

    そしてこういった境地にいくのは、全く難しいことではありません。

    むしろ突然訪れるので、気楽に構えていてOKなのです。

     

    だから私はラクして出来るエコ活動を発信します。

    だから私はエコな活動をブログで発信しています。

    本当はストイックにやることもできるけど、今まで私はひとりで活動することが多い人間でした。

    ひとりでブログで稼ぐ

    ひとりで何かをやり遂げる

    そういった能力があるタイプなのですが(これはただの特性です)、みんなで共同するのはまだまだ苦手です。

    だから私はこの発信を通して、みなさんが10できることを発信していきたい。

    だからラクしてエコという活動を発信しています。